なぜIVFへのより穏やかで安価なアプローチが不人気なままであるのか

ニューヨーク市の人間再生センターの医療ディレクターであるNorbert Gleicherは、影響を分析し、痛烈な結論に達した。

2004年から2015年の間に、”日本は出生率の三分の二を失った。 IVFサイクルあたり15%から5%になりました」と、ロックフェラー大学の教員であるGleicher氏は述べています。 “それは世界で最も低いレートです。”

日本の衰退は、多胎出産を防ぐために子宮に胚を一つだけ入れるなど、標準的な慣行のいくつかの他の変化と一致しました。 しかし、その結果、Gleicherが発表したデータによると、日本のカップルは赤ちゃんと一緒に過ごすためにより多くのIVFサイクルを必要としていました。

“はい、軽度の刺激は従来よりも安いですが、日本が示すように、同じ結果を得るために三つのサイクルが必要な場合、それはより高価です”と彼は言いま

最小限の刺激の他の批評家のように、Gleicherはそれを主に”ビジネスモデルとマーケティングモデル”と考えています。”

“誰が少ない薬を使用したくないのですか?”彼は言った。 “少ない薬を使用することは費用対効果が高く、良い薬であると信じている人々のかなりの数があります。 そして、彼らは間違っています。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。