オナニーに副作用はありますか?

自慰行為は無害です。 何人かの人々は余りに荒いが、これは通常数日以内に直れば摩擦するか、または柔らかい皮を経験するかもしれません。

男性が短時間で頻繁に自慰行為をすると、浮腫と呼ばれる陰茎のわずかな腫れが発生することがあります。 この腫れは、通常、数日以内に消えます。

他の潜在的な副作用は次のとおりです。

:自慰行為が宗教的、精神的、または文化的信念と矛盾することを心配する人の中には、罪悪感を経験することがあります。

罪悪感

自慰行為が宗教的、精神的、または文化的信念と矛盾することを心配する人もいます。 しかし、オナニーは不道徳でも間違ってもなく、自己快楽は恥ずべきものではありません。性的健康を専門とする友人、医療専門家、またはセラピストと罪悪感を議論することは、オナニーとつながる罪悪感や恥の過去の感情を動かすのに役立

性的感受性が低下しました

ベッドの男性と女性は、性的親密さの問題を抱えて動揺しています。

Man and woman in bed looking upset, having sexual intimacy problems.
積極的または過度のオナニー技術は、性的感受性の低下につながる可能性があります。

男性は自分の陰茎にあまりにもタイトなグリップを含む積極的なオナニー方法を持っている場合、彼らは減少した感覚を経験することができます。

男は技術の変化で時間をかけてこれを解決することができます。

バイブレーターを使用するなどの刺激の強化は、男性と女性の両方で覚醒と全体的な性機能を増加させる可能性があります。

強化された刺激は、

バイブレーターを使用する女性は性機能と潤滑の改善を報告しているが、男性は勃起機能の改善を経験している。

前立腺がん

自慰行為が前立腺がんのリスクを増加させるか減少させるかについて陪審員は出ています。 研究者は、彼らが結論に達することができる前に、より多くの研究を実施する必要があります。

2003年の研究では、20代の間に毎週五回以上射精した男性は、あまり頻繁に射精した人よりも積極的な前立腺癌を発症する可能性が低いことが示され

研究者は、頻繁な射精が前立腺における癌原因物質の蓄積を防ぐ可能性があるため、リスクの低下があったと推測している。

頻繁な射精と前立腺癌のリスクが低いこととの間の同様のリンクは、2016年の研究で発見されました。 研究者らは、月に21回以上射精した男性は、前立腺癌を発症するリスクが低下していることを発見しました。対照的に、2008年の研究では、男性の20代と30代の間の頻繁な性行為は、特に定期的に自慰行為をした場合、前立腺癌のリスクを高めることがわかりました。

日常生活を混乱させる

まれに、一部の個人は、彼らが望むよりも多く自慰行為をすることがあります。:

  • 彼らは仕事、学校、または重要な社会的なイベントを欠場させる
  • 人の毎日の機能を中断
  • 彼らの責任と関係に影響を与える
  • 関係の問題からの脱出や現実の経験に代わるものとして役立つ

彼らは自分のオナニーの練習によって悪影響を受ける可能性があると考えている人は、医療専門家と話すべきである。医師やカウンセラーは、彼らが彼らの性的行動を管理することができる方法を決定するために話療法を提案することができます。

性の療法士に相談することはまた余分なマスターベーションのための対処の作戦と助けるかもしれない。 地元のセックスセラピストを見つけるには、人はセクシュアリティ教育者、カウンセラー、セラピスト(AASECT)のアメリカ協会を訪問することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。