サイドスワイプ事故の考慮事項

国道交通安全局によると、サイドスワイプ衝突は、”両方の車両の側面が最小限の契約を維持する衝突”と定義されています。”

サイドスワイプ事故は、ほとんどの場合、二つの車両が同じ方向であろうと反対方向であろうと、互いに車の側面と接触するときに発生します。 サイドスワイプ事故は、多かれ少なかれ普遍的に意図的または意図しない車線変更のいずれかに関連付けられています。

死角、大雨、またはその他の視覚的な気晴らしのために、運転手は単に別の車両を見ないことがあります。 そして最悪の場合、意図的な車線変更は意図的であるか、または本質的に無謀である可能性があります。

一般に、サイドスワイプ事故が意図しない車線逸脱によって引き起こされた場合、気を取られた運転、疲労、またはアルコールや薬物の使用が重要な役割を果たした可能性があります。 さらに、ドライバーが障害物や正面衝突を避けようとすると、必然的にサイドスワイプのクラッシュにつながる可能性があります。 車両の誤動作や医療緊急事態は、sideswipeのための最も一般的な原因の一つですが、これらの要因は、事故のこのタイプに貢献する役割を果たすことができ

サイドスワイプの性質は、ドライバが彼または彼女の車線から向きを変え、最終的に別の車両やオブジェクトと正面衝突する可能性があります。 実際には、サイドスワイプ事故は、多くの場合、多くの複数の車両事故のための最初の推進力であることを担当しています。以下は、サイドスワイプ事故のより一般的な原因です。

  1. スピード違反。 スピード違反や道路状況のためにあまりにも速く運転するとき、ドライバは彼または彼女の車の制御を失うことは容易です。 ドライバーが障害物に反応するのに十分な時間を持っていない可能性があるため、建設や学校のゾーンを運転するときにスピード違反は特に危険です。
  2. オーバーコレクション。 サイドスワイプ事故は、動物や子供が運転手の前で不足したときに発生する可能性があります。 ドライバーは、隣接する車線にそれると、意図せずに別の車両をヒットするしかないかもしれません。
  3. 降伏しません。 場合によっては、運転手が別の車線に合流し、対向車線に降伏しないことがあります。 歩留まりに失敗すると、その過程でサイドスワイプ事故を引き起こす可能性があります。
  4. 無謀な運転。 頻繁な車線変更、テールゲート、速度に従事したり、過度に積極的であるドライバーは、簡単にサイドスワイプの衝突を引き起こす可能性があります。
  5. 障害運転。 薬物やアルコールの影響を受けているドライバーは、奥行き知覚や判断が損なわれ、隣接する車両と衝突する可能性があることは言うまでもありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。