遺言検認裁判所での最初の公聴会で何が起こりますか?

すべての検認申請の約20%だけが最初の公聴会で承認されますが、あなたのケースが幸運なものの一つであり、すべてがうまくいけば、検認の その時点で、裁判所書記官は手紙を発行することができます。 “手紙”は、遺言検認のタイムラインを開始し、個人の代表者に不動産の資産を管理し、その他の職務を行う権限を与える権限の文書です。

裁判所の公聴会の前に対処することができない欠陥または要求された補足情報がある場合、裁判所は補足が提出されることを可能にするために、将来の日付まで問題を継続します。 これは非常に一般的であり、これが彼らのケースで起こったときに請願者は心配すべきではありません。 しかし、裁判所が要求している欠陥やその他の情報に特に注意を払うことが重要です。 あなたはこの情報をあなたの遺言検認の書類であなたを助ける人に中継することができます、あなたがケースであなた自身を代表していると仮定

理想的には、裁判所が請願書を承認した場合、請願者は、審問の直後に、検認のための命令の適合したファイルスタンプ付きのコピーと、手紙のいくつか ただし、手紙は完全な検認でのみ発行されます。 手紙は、小さな不動産手続または配偶者の財産手続で発行されていません。

手紙と遺言検認のための順序は不可欠であり、できるだけ早くそれらを得るためにあらゆる努力をする必要があります。

手紙と遺言検認のための順序は不可欠です。 注文のファイルスタンプされたコピーを取得することに加えて、我々は同様に、手紙の2-3認定コピーを取得することをお勧めします。 いくつかの裁判所は、公聴会で検認のための命令を発行していないこと、しかし、心に留めておいてください。 この点に関して、裁判所は、審理の数日後に注文のコピーを郵送する。 残念ながら、裁判所の事務員は、裁判官が遺言検認のための命令に署名するまで、手紙を発行することはできません。 あなたが見ることができるように、この遅延は、彼らが公聴会にいるときに手紙の認定コピーを得ることから個人的な代表者を防ぎます。 これが起こると、裁判所書記官からの手紙の証明されたコピーを支払い、注文するために、郵便で遺言検認のために提出された命令を受け取った後、個人的な代表者が裁判所に戻る必要があるかもしれません。

人々の選択は、あなたのカリフォルニア州の遺言検認を支援する準備ができています!

People’s Choiceは、カリフォルニア州の検認フォームを準備し、裁判所に提出するだけでなく、お客様にカスタム、実践的なヘルプを提供するユニークなオンラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。